御成門プログラマーの日記

Microsoft AzureやAngularなどの技術情報を発信します

Azure PowerShell コマンドレットまとめ(MCP 70-533試験 対策)

70-533試験にPowershellの問題が出題されるのですが、

今までAzureポータルからしか編集したことがなかったので、基礎からコマンドレットを勉強していこうと思います。

(注意)あくまで個人で見直したいコマンドレットを見直しているだけでこの内容が試験に出る保証はございません。ご了承ください。

基礎コマンドレット

Azureに接続する

Connect-AzureRmAccount

ログイン画面が表示される。

Azure PowerShellモジュールの更新(管理者権限で実行)

Update-Module -Name AzureRM

サブスクリプションの一覧を取得

Get-AzureRmSubscription

既定のサブスクリプションを選択

Select-AzureRmSubscription -Subscription "My Demos" 

※既定のサブスクリプションを指定すると、サブスクリプションを指定しない限り、以降のコマンドは設定したサブスクリプションに対して行われる。

リソースグループの作成

New-AzureRmResourceGroup -Name "作成したリソースグループ名" -Location Japan East

使用できるロケーションの一覧を表示する。

Get-AzureRmLocation | select Location 

VMの作成

参照ページ

docs.microsoft.com

仮想マシンの作成

  New-AzureRmVm 
  -ResourceGroupName "myResourceGroup" 
    -Name "myVM" 
    -Location "East US" 
    -VirtualNetworkName "myVnet" 
    -SubnetName "mySubnet" 
    -SecurityGroupName "myNetworkSecurityGroup" 
    -PublicIpAddressName "myPublicIpAddress" 
    -OpenPorts 80,3389

ストレージの作成

参照ページ

docs.microsoft.com

ストレージアカウントの作成

 New-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName "resoucegroupame" 
  -Name "storagename" 
  -Location "japaneast" 
  -SkuName Standard_LRS 
  -Kind Storage

アクセスキーの取得

(Get-AzureRmStorageAccountKey 
    -ResourceGroupName $resourceGroup 
    -Name "storagename").Value[0]

セカンドキーを取得する場合はValue[0]をValue[1]に変更して実行する。

アクセスキーの変更

New-AzureRmStorageAccountKey -ResourceGroupName "resoucegroupame"  
  -Name "storagename" 
  -KeyName key1

セカンドキーを変更する場合はkey1をkey2に変更して実行する。

ストレージアカウントの削除

Remove-AzureRmStorageAccount -ResourceGroup "resoucegroupame"  -AccountName "storagename"