御成門プログラマーの日記

Microsoft AzureやAngularなどの技術情報を発信します

第18回 Tokyo Jazug Night @ Microsoft Build Update 参加メモ

f:id:tt-suzukiit:20190523223539j:plain

俺的 Build Update まとめ

@yuiashikaga

2019年5月23日時点での情報
Buildを含めたAzureアップデート情報

Security

  • Azure、AzureDevOpsがGithubアカウントによる認証をサポート

VM

  • Shared Image Gallery

    • カスタムイメージをリージョンを超えて使える
    • sysprepかけたVMイメージのみ対象
  • Azure Image Builder

    • イメージをどうやって作るか→今までは自分で作っていた。
    • 自動生成してくれる
    • テンプレートをイメージビルダーに食わせてdiskにする
    • Shared Image Builderに置く
  • Ephemeral OS Disk

    • OSディスクをホストノード上に直接作る。
    • 揮発性、停止は一切できない。ステートレスな環境。
    • ローカルディスク同等のパフォーマンス
  • Generation 2 virtual machines

    • 前のOSディスクは2TBを超えるディスクをアタッチできなかった。

App Service

  • App Service on Linux
    • 無料レベルが登場
    • Vnet統合    今までのWebAppsは仮想ネットワークにつなげたが、P2S的な感じで問題が多かった。    peeringに近い形、片方向のピアリング
  • Service Endpoint with an Application Gateway

    • WebAppsにサービスエンドポイントをしいて、アプリケーションゲートウェイのあるサブネットからしかつなげないようにする。
  • Multi-network ASE private link

    • ネットワークの制御
  • Functions

    • Premiumプラン
      • 最大4コア、12GBのメモリインスタンス
      • コールドスタートを制御できる。(ミニマムなサイズを指定できる)
      • 長時間実行 従来は最大10分 → 25分に伸びる。
    • Power Shellがサポート
  • Logic Apps

    • Integration Servic Environment
    • 閉じられた環境で使いたい。
    • コードが書けるようになる(JavaScript 将来はC#もロードマップに入っている。)。

Azure Application Gateway

  • G2が出た
    • デプロイや構成変更が高速化
    • 自動スケールのサポート
    • これから作るときは基本V2で作るのがおすすめ

AKS

  • 西日本で使えるように(GA)

  • Multi Node Tool

    • 1つのクラスタ内に様々なVMサイズを構成可能。

SQL Database

  • HyperScale

    • 仮想コアレベルの購入モデルの最新
    • 最大100TBのデータベースサイズ
    • 数分間で行えるデータべースバックアップ
    • 50TBのリストアに7分
  • SQL Database Serverless

    • プロビジョニングされたこんぴゅーとリソースを持たない

Storage

  • Premium Files

    • 既存のFilesの100倍のパフォーマンス
    • ストレージが100Tibまで作れる。
    • プロビジョニングした分が課金されるので注意
  • Blobストレージ

    • インデックスが使ようになる
    • Quick Query

CognitiveService

  • decision
  • Pasonaizer
  • ink Recognizer 手書きの図形を検出
  • Form Recognizer
    • ドキュメントからのデータ抽出

Azure Moniter

  • AKSのエンドツーエンドの監視
  • ログへのアクセス制御の強化
    • リソースレベルで設定したアクセス許可を運用ログに適用
  • 動的しきい値アラート
    • しきい値を動的にする → 機械学習を使ってメトリックのパターンを解析して閾値を自動で決定してくれる。

AzurePotalとARMテンプレート

  • ieで入るとElectoronベースのポータルが使える

  • リソースグループからリソースを選んでエクスポート可能になる。

  • リソースの変更履歴

    • アクテビティログで変更履歴がどうなったのかを確認できるようになった。
  • Azure Resource Manager Tools(VSCode)

    • コメント認識、シンタックスハイライトが強化される。
    • JSONなのに//でコメント
  • Azure Resource Managere Snipets(VSCode)

    • テンプレート開発する人は入れたほうがいい。
    • arm-windows-vmって打つと関連するリソースのテンプレートが出来上がる。DependsOnが出来上がった状態。

Tool

  • azshell

    • ローカルのコマンドラインやターミナルからCloudShellに接続することができるようになる。
  • AzCopy v10

    • ファイルをコピーするツール
    • AWS S3のパケットからデータのコピーをサポート
    • Data LAke Storageから
  • Azure Tips and Tricks

    • 小技のようなものがまとまっている

Build ってどんなところ?BuildでUpdateされた機能をさわってみた

@kekekekenta

Buildってどんなところ

  • 開発者向けのイベント

Azure Cognitive Service Personalizer

ユーザーとコンテンツに関する情報から、ユーザーが一番好むコンテンツを選び出す、クラウドベースのAPIサービス

Azure Kubenetes Service Virtual Node

Virtual NodeをIoTエッジにしちゃう。

  • Azure IoT Edge Connector for Kubernetes

  • Virtual Nodeは現時点で東日本はDeployできない。