御成門プログラマーの日記

Microsoft AzureやAngularなどの技術情報を発信します

【基礎】Azure Functions 2.0でhttp要求をトリガーにして"Hello World"を出力する

最近"サーバーレスアーキテクチャ"として話題のAzure Functionsを学んでいこうと思うので、
情報を共有していこうと思います。

Azure Functionsについてはほとんど触ったことがなかったので、
お恥ずかしながら、基礎の基礎的な内容から始めていきます。

Azure Functionsの概要

docs.microsoft.com

Azure Functions は、小規模なコード ("関数") をクラウドで手軽に実行できるソリューションです。 目の前の問題に必要なコードだけを記述すればよく、アプリケーション全体や、コードを実行するインフラストラクチャのことを考える必要がありません。

サーバーレスアーキテクチャとは

読んで字のごとく、サーバーを気にしないアーキテクチャのことです。
アプリ作成時にサーバーのことを気にしなくていいので、
周りのインフラを気にせず、コードのみに集中することができます。

azure.microsoft.com

実装

ポータルからAzure Functionsを作成する

f:id:tt-suzukiit:20181121202038p:plain

開発環境の選択で「ポータル内」を選択

今回はとても簡単な開発のため、Azureポータル内で編集します。 f:id:tt-suzukiit:20181121202101p:plain

「webhook + API」を選択

今回はHTTP要求をトリガーとするので「webhook + API」を選択する。 f:id:tt-suzukiit:20181121202108p:plain

コードが生成されるので、変更して保存する。

「Hall0」から「Good Morning!!」にコードを変更して保存ボタンをクリックする f:id:tt-suzukiit:20181121202119p:plain

関数のURLをコピーする

f:id:tt-suzukiit:20181121202124p:plain

URLをブラウザで叩いて実行する

メッセージが出力できることを確認できた。 f:id:tt-suzukiit:20181121202724p:plain
確かにインフラのことを全く気にすることなく、
コードのみを変更してアプリを実装できることがわかっていただけたと思います。

Chorme拡張の「Restlet Client」を使って実行すると「401 Unauthorized」エラーになる

原因調査中 「POSTMAN」だったら動いた。

次回予告

先日参加した"Microsoft Tech Summit2018"でマイクロソフトの服部さんが発表された
「今日から始める Azure Functions 2.0」のセッションの要約を行いたいと思います。

【追記】記事作りました。 onarimonstudio.hatenablog.com