御成門プログラマーの日記

Microsoft AzureやAngularなどの技術情報を発信します

Azure Storage - Azure Filesをファイルサーバーとして利用する

今回はAzure Filesを使用してファイルサーバーを構築しました。

azure.microsoft.com

ファイルサーバーの構成

Azure Filesで用意したファイルサーバーにネットワークドライブの割り当てをアクセスするだけの簡単な構成です。

Azure Filesの共有スナップショット(プレビュー)を使用することで、差分情報の蓄積・管理を行います。共有スナップショット導入により、アプリケーションエラーとデータの破損からの保護や誤った削除や意図しない変更からの保護が可能です。

ファイルサーバー構築方法

  • Azureポータル側での作業

    1. 新規ボタン押下後、Marketplaceより「ストレージ アカウント - Blob、File、Table、Queue」を選択し、作成ボタン押下

      f:id:tt-suzukiit:20180105134314j:plain

    2. 下記図の通り、項目を設定後、作成ボタンをクリック

      f:id:tt-suzukiit:20180105134353j:plain

    3. ストレージアカウントの作成完了後、ストレージアカウント内のファイルをクリック

      f:id:tt-suzukiit:20180105134403j:plain

    4. ファイル共有ボタンをクリックするとファイル共有の名前とクォータの入力を求められるので、入力して作成する

      f:id:tt-suzukiit:20180105134411j:plain

    5. 作成したファイル共有⇒接続を選択すると、ファイル共有の接続に必要な情報が表示される。今回は「Windows コンピューターからこのファイル共有に接続するには、次の PowerShell コマンドを実行します:」のコードをコピー

      f:id:tt-suzukiit:20180105134419j:plain

  • PC側での作業

    1. "Azureポータル側での作業"の5の工程でコピーしたファイル共有コードをPowerShell上で実行する

    2. ネットワークドライブ(今回はZドライブに割り当てた)に今回作成したファイルが正しく表示されていることを確認。これでファイルサーバーとしてエクスプローラーからつなげることができる。

      f:id:tt-suzukiit:20180105135458j:plain

共有スナップショット(プレビュー)の作成方法

共有スナップショットを使用する方法は下記サイトを参考にしました。

docs.microsoft.com

共有スナップショットを作成する方法は下記の通りです。

  • ポータルを使用して共有スナップショットを作成する

  • Azure CLI 2.0 を使用して共有スナップショットを作成する

  • PowerShell を使用して共有スナップショットを作成する

今回のご紹介する方法はPowerShellを使用した方法です。その他の方法は上記したMicrosoftのページを参考にしてください。

共有スナップショットの構成

  1. 共有スナップショットを作成するPowerShellコマンドを作成する。

  2. 作成したPowerShellコマンドをAzure Automationを使用して定期的に自動実行する

    docs.microsoft.com

    ※ Azure PowerShell モジュールのバージョンが古いとエラーが発生するため、Automation アカウント内の Azure PowerShell モジュールを更新する必要があるので注意。

    • Azure PowerShell モジュールの更新方法
      1. Azure Automation から対象の Automation アカウントを選択。
      2. [モジュール] をクリックし、右に展開したブレードから "Azure モジュールの更新" をクリックする。

Azureテクノロジ入門2016 (マイクロソフト関連書)

Azureテクノロジ入門2016 (マイクロソフト関連書)

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)

Microsoft Azure実践ガイド (impress top gear)